後継は「Windows 11」

Windows11は気難しい

世の中、Windows10の後継Windows11がだいぶ話題になっている。うちにあるWindowsが走っているマシンはすべてだめだった。

Core i3 8100のマシンもあるので、淡い期待もしていたが、だめだった。何が原因かもっと詳しく調べてみた。色々問題がありそう。一番のネックはやはりTPM2.0だ。これはマザボの問題でどうしようもない。

仕方がないので、対応策を検討している。新品のマシンをWindows11が出て落ち着いた来年頃動作確認の取れた部品で作ってもいいのだが、古いマシンがまだ動くのでもったいない。

調べたところ、Windows10の21H2が今年秋に出るのは確実らしい。とするとこれにアップしていれば、だいたい1年半は使えることになる。2023年春頃まで?

Microsoftは、「2025年10月14日まで、少なくとも1つのWindows 10半期チャネルを引き続きサポートする」としているとのことらしいから、最大2025年秋ころまでは使える可能性がある。あと4年。

そこで、こういう風に考えてみた。まず今あるWindows10マシンは動く限りWindows10のまま使う。Windows10の期限が来たらUbuntu等Linuxへ移行する。またそれと並行して、Macへの移行を進める。Macは嫌いではないので。

 

Mac移行記念

Macへの移行。このことを記念して、普段は電子書籍で読んでいる雑誌などを、紙の物で購入して残しておくことにした。
昔は良く買って読んでいたMacFan、日経Linux、それとおまけにデジタルカメラマガジン(あまり関係はないが…)。

Mac Fan 日経Linux デジタルカメラマガジン

MacFanには結構有用な事が書いてあった。M1マックは今までのMacの流儀が通じないらしい。
Mac Fan 2021年9月号 [雑誌]

その特集は結構役立ちそう。まずは安いMacMiniで、肩慣らしをしてからM1Macにするかな。

日経Linuxには丁度UbuntuなどのDVDがおまけでついていた。
日経Linux(リナックス) 2021年7月号 [雑誌]

Windowsから移行するとどのような問題がでるかも、色々調べているが、Word・ExcelはMac版もあるし、LibreOfficeならMac版もLinux版もある。Photoshop・Illustratorは当然Mac版がある。Linux上ならGIMPがある。DVD再生Bru-ray再生はLinuxでは問題ありそう。動画編集ソフトもMac版ではPremiereとか色々ある。その他こまごまとした小物が色々問題がでそうだ。

ただ一つ重要な問題が、それは会計ソフト。今使っている反町会計はWindows版しかない。Mac上で動く会計ソフトはあるようだが、そもそも今クラウド流行りで、ブラウザーから使える会計クラウドがあちこちから出ている。これなら、MacだろうがLinuxだろうがOKなようだ。

 

クラウド会計の例

やよいの青色申告 オンライン

やよいの青色申告 オンライン

クラウド会計ソフト freee会計

クラウド会計ソフト freee会計

 

周辺機器

使っている周辺機器ではプリンターはCanonのPIXUS iP8730で、Mac版ドライバもあるし、Linux版まである。スキャナーはEpsonのGT-8300UFはWindows版のドライバーはなくGT-9300へフェイクするテクで使っていたが、なんとMac版はドライバーがあるBig sir用まであるようだ。これにはびっくり。
まずは、安いIntel Mac Miniあたりで色々様子をみつつ、M1 Macへと移行しようかな。Windowsは縮小してLinuxへという手順でいこうかな。まあ、1台くらいはWindwos11マシンを作っておくかな。

Canon インクジェットプリンター PIXUS iP8730

EPSON GT-8300UF

 

#windows10 #windows11 #update #tpm20 #canon #ip8730 #epson #gt8300uf #apple #macmini #bigsir #macos10

 

古いカメラ-その3

Canon Autoboy2 キャノンの80年代のコンパクトカメラ。ズームでないぶん、結構な高画質だった。 レンズの前面にはシャッターがついていて、レンズをほこりなどから保護する構造。また、オートフォーカスも装備されてい … “古いカメラ-その3” の続きを読む

Canon Autoboy2
キャノンの80年代のコンパクトカメラ。ズームでないぶん、結構な高画質だった。

レンズの前面にはシャッターがついていて、レンズをほこりなどから保護する構造。また、オートフォーカスも装備されていて、自動露出と合わせて、特になにも考えなくても、シャッターを押すだけで写る。

撮影日時が写し込める。クオーツデート。デジカメでは、普通にできることも当時は一工夫いったのだ。

現役当時、撮影したニューヨークの遠景。

プリンタのIP固定化

この前からWi-Fi接続で便利に使っているCanonのiP8730だが、Wi-Fiでつながっている他のスマホやノートPC、タブレットのつながり具合で、どうもIPが変わってしまい、ブラウザでプリンタの状況を確認するさい、い … “プリンタのIP固定化” の続きを読む

この前からWi-Fi接続で便利に使っているCanonのiP8730だが、Wi-Fiでつながっている他のスマホやノートPC、タブレットのつながり具合で、どうもIPが変わってしまい、ブラウザでプリンタの状況を確認するさい、いちいち変わったIPを見つける必要があった。面倒くさいので、IPを固定できないかとやってみた。
ブラウザでプリンタの設定を見てみると、下のほうに「Network Configuration」なる項目がある。これをクリックすると、

ここで、右下の詳細設定をクリック、

そして、「ネットワークの設定」をクリック、

するとネットワーク関連の設定が出てきた。結構色々できるようだ。

ここで、「IPv4アドレスを自動的に取得する」をやめて、IPアドレスを手動で設定した。これで、いつも同じIPでプリンタの状態をweb経由で確認できるようになった。めでたしめでたし。

プリンタの入れ替え

長らく使っていたIX5000だったが、最近どうも不具合が出てきていた。小さい紙(L版)に写真印刷すると、印刷の終わり方に紙送りがどうもうまくゆかず、白い筋がはいることがあるようになった。普通紙や大きなサイズなどの印刷では … “プリンタの入れ替え” の続きを読む

長らく使っていたIX5000だったが、最近どうも不具合が出てきていた。小さい紙(L版)に写真印刷すると、印刷の終わり方に紙送りがどうもうまくゆかず、白い筋がはいることがあるようになった。普通紙や大きなサイズなどの印刷ではまだまだ使えそうだったが、これを機に新しいプリンタに入れ替えた。機種は色々悩んだが、結局今年初めに発売になっていた、CanonのPIXUS iP8730にした。上位のPro-100とかも考えたが、これは発売後2年経過しているし、それほど画質にシビアなわけでもないし、そもそも重量が20kgと超ヘビーなので、価格的にもIX5000と同じくらいなので、iP8730に決断した次第。

交換して、まさに正解!!。画質がIX5000に比べ飛躍的にアップした。微妙な色合いがでる。さらにはWiFiでの接続で、スマホからも簡単に印刷できる。これはいい。

インクの残量など、プリンタの状況もプリンタ内臓の簡易Web機能で、ブラウザーで確認できる。これはなかなか良い。

ただこのWiFi接続は曲者で、L版など小さい用紙や、写真画質でない場合はそれほど問題ではないが、写真画質の大量のデータをA4サイズなどで印刷すると、途中でとまることがある。特にプリンタの電源を入れてすぐだと起こりやすいようだ。何枚か印刷すると結構安定してくる。WiFiルータの具合も関連してくるのだろうが、いつも安定な印刷環境がほしいならUSBでの有線接続がいいようだ。
ここらへんは、しばらく使って、様子を見てゆこう。

Canonの新型プリンタ

Canonの新しいプリンタが出ている。Epsonからもどんどん出ているが、EpsonはA3ノビ用写真画質用に新製品を出している。Canonは今のところA4までだったが、4月発売でA3ノビプリンタの新製品が出るようだ。今i … “Canonの新型プリンタ” の続きを読む

Canonの新しいプリンタが出ている。Epsonからもどんどん出ているが、EpsonはA3ノビ用写真画質用に新製品を出している。Canonは今のところA4までだったが、4月発売でA3ノビプリンタの新製品が出るようだ。今iX5000を使用しているが、どうもこの後継機のようだ。写真画質が特徴ではなく、ポスター・パンフレット・ポップ印刷に特化したビジネスプリンタという位置づけだ。型番はPIXUS iX6530。iX5000では、黒インクが普通紙用にしか使用されず。写真印刷のときは、3色インクの混合で黒を表現しているので、黒の質感が今一だった。どうもここが改善されたようだ。インクも新しいIPシリーズ用で採用されたものが使われている。
Canonの写真画質シリーズのPIXUS Pro9000 Mark IIへ買い替えも検討していたが、こちらのシリーズも新しくでるのだろうか。こちらはBD/DVD/CDレーベルプリントが出来て、フロント給紙もできる。どうだろう、しばらく待ったほうがいいかな。

さらにCanonが....

キヤノン、EOS-1Dシリーズ購入で全員に「PIXUS Pro 9000 Mark II」をプレゼント だそうだ。 他社がひたひたと追いついてくるので、なにがなんでも首位を死守するのだろう。 他社はプリンタは作っていない … “さらにCanonが....” の続きを読む

キヤノン、EOS-1Dシリーズ購入で全員に「PIXUS Pro 9000 Mark II」をプレゼント だそうだ。
他社がひたひたと追いついてくるので、なにがなんでも首位を死守するのだろう。
他社はプリンタは作っていないので、Canonだからできるキャンペーンだなあ。
It seems to be a present in “9,000 PIXUS Pro Mark II” for all the buyer of EOS-1D series.
Because other makers catch up a share of Canon.
Canon wants to certainly protect the first place.
The campaign that only Canon is made.
Because the other maker do not make the printer.
EOS-1Ds Mark IIIは、35mm判サイズ相当の有効2,110万画素CMOSを搭載したデジタル一眼レフカメラ。デュアルDIGIC III、ライブビュー機能、3型液晶モニターなどを備える。実勢価格は79万8,000円。
 EOS-1D Mark IIIは、APS-Hサイズ相当の有効1,010万画素CMOSセンサーを搭載するモデル。10コマ/秒の高速連写が可能。センサーダスト対策機構、3型23万画素TFT液晶モニター、デュアル DIGIC IIIなどを搭載する。実勢価格は44万8,000円。
両方がもともと高いので、PIXUS Pro 9000 Mark IIが実勢価格は5万9,980円位の分実質的に値下げなのだが、まあ焼け石に水的なキャンペーンだなあ。

キヤノン「EOS 7D」

α550はすごいと思っていたが、キャノンはもっとすごかった。APS-C最上位機種「EOS 7D」の発表。 撮像素子はAPS-Cサイズ相当の有効1,800万画素CMOSセンサー。クラス最多の画素数となる。RAWの記録画素数 … “キヤノン「EOS 7D」” の続きを読む

α550はすごいと思っていたが、キャノンはもっとすごかった。APS-C最上位機種「EOS 7D」の発表。
撮像素子はAPS-Cサイズ相当の有効1,800万画素CMOSセンサー。クラス最多の画素数となる。RAWの記録画素数は5,184×3,456ピクセル。
さらに、本体のみで約8コマ/秒の撮影が可能!!。
さらに、24pや60pでのHD動画記録が可能 !!。
記録解像度およびフレームレートは、1,920×1,080ピクセルが30p・25p・24p。1,280×720ピクセルが60p・50p。640×480ピクセルが60p・50pとなっている。
予想実売価格もすごい。ボディのみでも19万円前後。10月上旬の発売予定。
α550は国内販売は未定だが、アメリカのSONYStyleで$949.99-というので、9万円前後。おそらくAPS-Cサイズのもっと上級機での勝負なのだろう。NikonがD300sですごいと思ったが、今のところ価格は無視視してCanon EOS 7Dが一番かな。
I thought that α 550 was No1 performance.
but Canon announced APS-C top model EOS 7D. This is super perfomance.
An imaging element is 18,000,000 pixels. It is a largest size of effective CMOS sensors of the APS-C size equivalency.
It has 5,184*3,456 record pixels of RAW.
Furthermore, the photography of about 8 frame / seconds is possible only in the main body! ! .
Furthermore, an HD animation record in 24p and 60p is possible! ! .
As for the record resolution and the frame rate, 1,920*1,080 pixels are 30p / 25p / 24p. 1,280*720 pixels are 60p / 50p. 640*480 pixels become 60p / 50p.
The expected retail price is expensive too. It is around 190,000 yen only in a body. It is going to release the beginning of October.
As for α 550, the domestic sale is undecided.
But price is $ 949.99- in SONY Style USA around 90,000 yen.
Probably Sony release upper model of the APS-C size model. Such as named to α750 or α600.
Nikon thought it to be best perfomance in D300s, but Canon EOS 7D is No.1?
Except expensive price.

Canon

景気が悪くなったら、Canonは派遣切りを始めている。やはりCanonはああいう会社か。 今までプリンタはEpsonも買っていたが、最近はCanonにすることが多くなっていた。デジカメもレンズがないが、性能の割りに安いの … “Canon” の続きを読む

景気が悪くなったら、Canonは派遣切りを始めている。やはりCanonはああいう会社か。
今までプリンタはEpsonも買っていたが、最近はCanonにすることが多くなっていた。デジカメもレンズがないが、性能の割りに安いので、購入も検討していたが、会社の風土が社員を大切にしないということなら、製品を買ったお客さんも大事にしない可能性もある。採算が取れないからと製品の製造中止、サポート中止を行われる可能性もある。今後はCanonの製品は買わないようにしよう。

デジカメ考ーその4

有名各社の超望遠レンズのリストを作ってみた。 Canon EF800mm F5.6L IS USM 最大径×長さ φ163×461mm SONY α 300mm F2.8 G (SAL300F28G) 外形寸法(最大径× … “デジカメ考ーその4” の続きを読む

有名各社の超望遠レンズのリストを作ってみた。

Canon EF800mm F5.6L IS USM
最大径×長さ φ163×461mm

SONY α 300mm F2.8 G (SAL300F28G)
外形寸法(最大径×長さ) 122mm×242.5mm

NIKONは新製品として発売されたばかり
AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED
最大径x長さ 約166mm(最大径)×445mm

SONYα用300mmが直径は一番小さい、NIKON・CANONは焦点距離は違うが、最大径はほぼ同じ。
レンズメーカのシグマ
APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM
800mmでズームもきくと考えると価格は安いが....

デジカメ考ーその3

いよいよ4月となった。この前、カワセミの写真を撮りに行ったのだが、他の方々の装備はすごい。大体カメラの有名メーカーのフラグシップ機かもしくはその1つ下。さらにレンズは100万以上の一番高い大砲をお持ちだ。そこでいろいろ調 … “デジカメ考ーその3” の続きを読む

いよいよ4月となった。この前、カワセミの写真を撮りに行ったのだが、他の方々の装備はすごい。大体カメラの有名メーカーのフラグシップ機かもしくはその1つ下。さらにレンズは100万以上の一番高い大砲をお持ちだ。そこでいろいろ調べてみたら、今まで、お金さえ出せば長玉は買えるとおもっていたらそうではないようだ。メーカごとに、最長焦点距離レンズに差があるのだ。なんと一番長玉を現在ラインナップしているのはCanonの800mmが最長。Nikonは600mmが最長。Sonyにいたっては300mmだ。ただし、2.8なので2Xのエクステンダをつけると600mmまでいけるが。そして、レンズ専門メーカも昔は各社出していたと思うが、長望遠を出しているのは、シグマのみとなっている。ということで、超焦点距離で鳥撮影システムをとなると、最良は、カメラ側の性能も良く、レンズの性能も良い、Canonで揃えるのが最良かなあということになるのだ。Nikonも頑張ってほしいものだ。