Ubuntu – ApacheとPHPを入れる

この前からいじっている、Ubuntu2004にApacheとPHPを入れてみた。PHPで小物作った時のテスト環境にと。

まずは、Apacheのインストール

$ sudo apt install apache2

 

yキーを押して、続行。

インストールが終わったら、ブラウザーでサーバのIPを入力、サーバー本体の場合localhostと入力して、以下が表示されれば、Apacheは正常に動作している。

次に、PHPのインストール。Apacheとのつながり部分も入れておく。

$ sudo apt install php libapache2-mod-php

yキーを押して、続行。

次に、あとでmysqlを入れたときの設定に便利なPhpMyadminを使いたいので、mysqlとのつながりや、gdなどのツール類も入れておく。

$ sudo apt install php-fpm php-common php-mbstring php-xmlrpc php-gd php-xml php-mysql php-cli php-zip php-curl php-imagick

その後、インストールが終わったら、一応PHPのバージョンを確認しておく。

$ php -v
PHP 7.4.3 (cli) (built: Oct 6 2020 15:47:56) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
with Zend OPcache v7.4.3, Copyright (c), by Zend Technologies

続いて、追加の設定(rewrite等)とApacheの再起動。

$ sudo a2enmod rewrite
Enabling module rewrite.
To activate the new configuration, you need to run:
systemctl restart apache2

$ sudo systemctl restart apache2

PHPがちゃんと入ったかどうか、テスト。info.phpというファイルをApacheのドキュメントルートに作成。

$ sudo nano /var/www/html/info.php

内容は、phpinfoを実行する簡単なもの。

<?php
phpinfo();
?>

そして、ブラウザーで、サーバーのIP/info.phpを入力して、以下のようなものが表示されたらOK。ipはサーバ本体ならlocalhostでもOK

最後に、PHPの設定をいじる。設定ファイルは、/etc/php/7.4/apache2/php.iniにあるはず。

$ sudo nano /etc/php/7.4/apache2/php.ini

今回は、扱えるファイルの容量を増やしておく。WordPress等でファイルの容量が小さいと困るので。nanoなどのテキストエディタの検索機能を使って、post_max_sizeとupload_max_filesizeを設定。

memory_limit = 128M
post_max_size = 50M
upload_max_filesize = 50M

このphp.iniは色々と設定をいじることもある。今回はこの2点だけで終わり。

最後に念のためapacheの再起動。

$ sudo systemctl restart apache2

今後は、MySQLやphpMyAdmin、WordPressなどを入れてみるかなあ。

 

sambaでNAS-補足2

その9回目。補足その2

NAS動作確認用webサーバのインストールと、日々のメンテナンス。

VNCでNASの動作を確認できるが、webサーバを動作させておくと、ブラウザーで簡単にNASの動作を確認できる。そこでwebサーバを入れておく。

yumでインストール

[root@centos7 fummy]# yum install httpd
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.riken.jp
* extras: ftp.riken.jp
* updates: ftp.riken.jp
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> パッケージ httpd.x86_64 0:2.4.6-90.el7.centos を インストール

------ 中略 ------

総ダウンロード容量: 2.8 M
インストール容量: 9.6 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
(1/3): mailcap-2.1.41-2.el7.noarch.rpm | 31 kB 00:00
(2/3): httpd-tools-2.4.6-90.el7.centos.x86_64.rpm | 91 kB 00:00
(3/3): httpd-2.4.6-90.el7.centos.x86_64.rpm | 2.7 MB 00:02
——————————————————————————–
合計 1.1 MB/s | 2.8 MB 00:02

------ 中略 ------

インストール:
httpd.x86_64 0:2.4.6-90.el7.centos

依存性関連をインストールしました:
httpd-tools.x86_64 0:2.4.6-90.el7.centos mailcap.noarch 0:2.1.41-2.el7

インストールが終わったら、webサーバをスタートさせる。

[root@centos7 fummy]# systemctl start httpd

webサーバを再起動後も常に実行

[root@centos7 fummy]# systemctl enable httpd
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

WindowsPCでブラウザーを立ち上げ、CentOS7のNASの固定ipを入力してみる。

上記、webサーバのテストページが表示されれば、webサーバ(httpd、Apache)が正常動作している。もちろんCentOS7のNASも動作していることになる。ホームページを作って表示させることもできる。

さて、日々のメンテナンスとして、CentOS7のアップデートがある。月に数回はアップデートがあるようなので、yum updateでアップデート作業を行う。

[root@centos7 fummy]# yum update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.riken.jp
* extras: ftp.riken.jp
* updates: ty1.mirror.newmediaexpress.com
base | 3.6 kB 00:00
extras | 2.9 kB 00:00
updates | 2.9 kB 00:00
updates/7/x86_64/primary_db | 7.5 MB 00:03
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> パッケージ augeas-libs.x86_64 0:1.4.0-9.el7 を 更新
—> パッケージ augeas-libs.x86_64 0:1.4.0-9.el7_7.1 を アップデート
—> パッケージ binutils.x86_64 0:2.27-41.base.el7_7.2 を 更新

------ 中略 ------

python-firewall.noarch 0:0.6.3-2.el7_7.4
python-libipa_hbac.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
python-perf.x86_64 0:3.10.0-1062.18.1.el7
python-requests.noarch 0:2.6.0-9.el7_7
python-sss-murmur.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
python-sssdconfig.noarch 0:1.16.4-21.el7_7.3
rsyslog.x86_64 0:8.24.0-41.el7_7.4
sos.noarch 0:3.7-11.el7.centos
sssd.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-ad.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-client.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-common.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-common-pac.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-ipa.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-krb5.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-krb5-common.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-ldap.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sssd-proxy.x86_64 0:1.16.4-21.el7_7.3
sysstat.x86_64 0:10.1.5-18.el7_7.1
systemd.x86_64 0:219-67.el7_7.4
systemd-libs.x86_64 0:219-67.el7_7.4
systemd-python.x86_64 0:219-67.el7_7.4
systemd-sysv.x86_64 0:219-67.el7_7.4

完了しました!

Linuxのkernel自体がアップデートすることもあるので、その時は再起動をしておいた方がよい。その他の場合は特にそのまま使い続けてもいい。

 

只今メンテナンス中

ブログは只今メンテナンス中です。せっかく来てくれたのに、見れなくてごめんなさい。以前のように見えるようになるまで、しばらくかかりそうです。

ブログは只今メンテナンス中です。せっかく来てくれたのに、見れなくてごめんなさい。以前のように見えるようになるまで、しばらくかかりそうです。

追加のプラグイン

WordPressのその後、セキュリティも大事と、Wordfenceも入れてみた。Freeだが、大変機能が多い。 特に役立つのが、Live Traffic。まあ、Apacheのログを見るのと同じだが、ダッシュボードから今 … “追加のプラグイン” の続きを読む

WordPressのその後、セキュリティも大事と、Wordfenceも入れてみた。Freeだが、大変機能が多い。

特に役立つのが、Live Traffic。まあ、Apacheのログを見るのと同じだが、ダッシュボードから今を簡単にみれるのはいい。

Apache稼働

サーバ入れ替え作業中。Apacheが稼働!!。wwwサーバとしてなんとか動き始めました。まだまだ色々な設定がのこっている。特にブログは。元データを復活するには結構時間がかかりそう。

サーバ入れ替え作業中。Apacheが稼働!!。wwwサーバとしてなんとか動き始めました。まだまだ色々な設定がのこっている。特にブログは。元データを復活するには結構時間がかかりそう。

ぼろサーバ作成(WINXP) - その2

その2 セキュリティに関する設定 Apacheが稼動したので、つぎは、LAN内から見えるようにセキュリティの設定を行った。LinuxならiptableやSELinuxの設定になるところだ。Windowsは昔なら丸裸で、な … “ぼろサーバ作成(WINXP) - その2” の続きを読む

その2 セキュリティに関する設定
Apacheが稼動したので、つぎは、LAN内から見えるようにセキュリティの設定を行った。LinuxならiptableやSELinuxの設定になるところだ。Windowsは昔なら丸裸で、なにも設定せず、Apacheが稼動したらすぐLAN内から見えていたが、最近はSP2以降かな、ファイアウォールが標準で稼動するようになったので、その設定をしないとLANからは見えない。
他のファイアウォールソフト(ノートンやマカフィーなど)の場合はその設定もしないといけないが、Windowsファイアウォールのみしかまだ稼動していないので、それを設定する。
まずは、コントロールパネルから、セキュリティセンターを呼び出す。

セキュリティセンターの中の、ファイアウォールをクリック。

Windowsファイアウォールが表示されるので、例外タブをクリック

例外タブでは、プログラムの追加か、ポートの追加をクリック。プログラムの追加よりポートの追加の方が80ポートのみに穴をあけるので、安全かも知れにない。

プログラムの追加のときは、プログラムの一覧が表示されるので、その中からhttpdを選ぶ。ないときは、参照ボタンをクリック。

参照ボタンをクリックした場合は、標準インストールなら(C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\bin)の中にhttpdはある。

スコープは、ユーザーのネットワークのみにした。LAN内なのでこれでいいだろう。

ポートの追加の場合の設定

これで、設定終了。
LAN内の他のマシンからアクセスして、It Works!が見えればOK

ぼろサーバの作成(WinXP)-その1

WindowsXPの動作も安定したので、Apacheをインストールして、wwwサーバにしてみた。 その1 インストールと動作 まず、Apacheをダウンロード。 ApacheはApacheのサイトからダウンロードできる。 … “ぼろサーバの作成(WinXP)-その1” の続きを読む

WindowsXPの動作も安定したので、Apacheをインストールして、wwwサーバにしてみた。
その1 インストールと動作
まず、Apacheをダウンロード。

ApacheはApacheのサイトからダウンロードできる。

ダウンロードをクリック

最新版は2.2.14のようだ。Apacheは1.3系と2.2系があるが、1.3は古いDBへのアクセスなどの互換性にはいいようだが、あまり関係ないので、2.2系にした。OpenSLLも入ったものをダウンした。

適当な場所に保存。
実行すると警告がでるが、これは当然実行をクリック

インストーラが起動、だいたいNextボタンをクリックすればよい。

ライセンスの表示。acceptをクリックしNextボタンをクリック。

Nextボタンをクリック。

サーバーインフォーメーションは、適当に、ドメインを取っている場合は、それを入力。

Setup Typeは、Typicalでいい。

最後にInstallボタンをクリック。インストールが始まる。

Finishが表示されたら完了。

ブラウザーで、localhostと打って、It Works!と表示されたら。動作もOK。

つづく...。

CGI実行のためのApache設定

Fedoraインストール後に、CGIを動かすための設定。 confファイル内では、 <Directory “/ver/www/cgi-bin”>    ….    Options Ex … “CGI実行のためのApache設定” の続きを読む

Fedoraインストール後に、CGIを動かすための設定。
confファイル内では、

<Directory “/ver/www/cgi-bin”>
   ….
   Options ExecCGI   ← この設定がない場合追加
   ….

AddHandler cgi-script .cgi  ← この設定を有効化

cgi用に/usr/local/bin/perlでcgiが記述できるようシンボリックリンクを張る。

ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl

Linuxでの改行はコード LF のみなので、DOS(Windows)上で作成したcgiスクリプトが動かないことの回避。

# /usr/bin/perl ← このあとにCR+LFが入ってエラーとなる。なので、
# /usr/bin/perl – –  ← を追加してオプション指定と勘違いさせると、うまく動く。