Lightroom

Adobe Lightroom には、レンズの色々な収差を補正する機能も付いている。SONYの純正のPlayMemories Homeにもその機能があるが、レンズが対応してないとだめ。Lightroomだと自動で対応する機能もあるので、どんな具合か試してみた。
画像処置後の画像

画像処置後

比較用昔の処理画像

GT-8300の透過原稿ユニット

復活させた、GT-8300だが、透過原稿ユニットを取り付けると、ブローニフイルム6X4.5や6X7から4X5版フイルムまでスキャンできるのだった。早速試してみた。
透過原稿ユニットをつけたところ。

6X4.5フイルムのスキャン。在りし日の長陽駅。20年ほど前?

マミヤ645Proで撮影

6X7フイルムのスキャン。門司港レトロ地区。10年ほど前に撮影。
アサヒ PENTAX 6X7撮影。

同、一心キャンプ場(南小国町小田温泉)

動作も問題ない。この調子ならWin8.1であと4-5年は使えるかな。

Windows8.1でGT-8300UF

Windows8.1で、Epson GT-8300UFを使えないかと、色々やってみた。なにしろ10年以上前の代物Win7までのドライバしかない。取説を見ていてはたと思いついた。取説はGT-8300とGT-9300と同じ取説。ひょっとしてドライバも同じか?。さっそくGT-9300用のドライバをダウン。こちらはWin8.1用もある。ドライバを無理やり、デバイスマネージャのドライバの更新のイメージングデバイスから認識させる。

「ディスク使用」ボタンをクリックして、EPSONのHPからダウンしたGT-9300用のドライバのありかを指定。

結果はピンポン。使えるようになった。ただ付属のCD-ROMのソフトは使えない。新しく入ってきたEpson Scanのみで使用可。昔のフイルムなどスキャンしてみた。ひとつ便利な機能が増えていた。古いネガフイルムの退色を補正してくれる機能。これはたすかる。20年30年前のフイルムも驚くほど綺麗にスキャンできた。