ぼろサーバ改め新サーバの作成-その1

■ ハードの準備 この前から作っていた、ぼろサーバだが、マザーやCPUなどもう10年ものも多く、今後どのくらい動いてくれるか分からないので、ちょっと本格的に使うには心配だ。なので、折角作ったが、これはバックアップサーバと … “ぼろサーバ改め新サーバの作成-その1” の続きを読む

■ ハードの準備
この前から作っていた、ぼろサーバだが、マザーやCPUなどもう10年ものも多く、今後どのくらい動いてくれるか分からないので、ちょっと本格的に使うには心配だ。なので、折角作ったが、これはバックアップサーバとして置いておき、もしものときに切り替えてつかうこととした。そして、本格運用できるサーバを作ることとした。
この前使用していた。ASUSのマザーM4A785D-Mだが、性能的には問題もないが、ひとつ、FDD用のインターフェイスがないのが気に入らなかった。そこで、GIGABYTEのMA785GM-US2Hへと入れ替えた。ASUSのマザーは余ったので、これを使い新サーバを作成することとした。結構機能がふんだんで、サーバにはちともったいない気もする。一応、Atomでの、超低消費電力サーバとも思ったが、今回余ったマザーがもったいないので、Atomは次の機会にした。CPUは、マザーの関係でAMDとなるのだが、価格も安く消費電力も65Wと小さいAthlonⅡX2_250にした。これとてFSBは3Ghzだ。超高速サーバになる。
メモリーはCFDの1G、PC2-6400のものがあまっていたので、これを使用。
HDDは、500GBの新品を導入。HDDは一番壊れ易いので、新品のHDS721050CLA362 (500GB SATA300 7200)(HGST [日立グローバルストレージ])を選択。結構安い。RAIDにはせず、もしもの時は、バックアップサーバにサーバごと切り替える。
ケースは前と同じものを使用したが、電源が結構古い。4-5年は経っているので、電源をケチってトラブルで止まるのもいやなので、新しいものにしようと思ったが、さて、どれにするか悩むこととなった。電源容量は300W程度あれば十分なのだが、なるべく安く丈夫なものをと、色々調べていたら、昔の電源で結構もっている電源の内部構造と良く似たものがあった。接続ケーブルを最新にしているような感じだ。それはZUMAXのZU-360Bだ。価格も結構安い。これなら安いが大丈夫かな?!
これで、晴れて組み入れ。

電源を入れて、起動試験。すると、マザーのチップセットが大きいヒートシンクがついてるが、結構熱くなる。なので、HDDマウンタを使い、ファンをつけた。
今回使用した部品
■CPU
Athlon II X2 Dual-Core 250
■マザーボード
M4A785D-M PRO(ASUSTek)
■HDD
HDS721050CLA362 (500GB SATA300 7200)(HGST [日立グローバルストレージ])
■電源
ZU-360B(アビー [abee])
■検討したAtomのマザー
BOXD510MO(INTEL)

EQアンプ復活

この前から、復活を試みていた、プレーヤーとEQアンプがやっと復活した。 プレーヤーにはMCカートリッジがついていたが、今後の針交換なども考え、この前見つけたEMPIRE 4000D/Ⅲをつけた。トーンアームの設定が結構大 … “EQアンプ復活” の続きを読む

この前から、復活を試みていた、プレーヤーとEQアンプがやっと復活した。
プレーヤーにはMCカートリッジがついていたが、今後の針交換なども考え、この前見つけたEMPIRE 4000D/Ⅲをつけた。トーンアームの設定が結構大変。色々と調べ、針圧などもやっと分かった。

EQアンプも、最初電池を換えるだけていいと思っていたら、電池フォルダーが何箇所か接触不良になっていた。場所を見つけて治すのに一苦労。

回路はOPアンプNE5534を使っている。20年前に設計して、作った。当時としては、考えられるだけのいい部品を使ったように記憶している。とりあえず、MC対応の回路をMM対応に簡易的に変更

電源回路も、こっていたなあ。電池の化学反応のノイズをキャンセルできるよう、フェライトコアのコイルをつけていた。トランスの音が好きなので、その意味もあるが、はたしてどの程度きいているか。

なぜ、トランスの音がすきかというと、昔放送局仕様の規格BTSの準拠のアンプはすべてライントランスを介して600Ωで接続されていた。この放送局仕様の音が好きだという、それだけ。
コンデンサーも20年前のものなので、交換せねばなあ。電池フォルダーの件もあるし、イチから作り直した方がいいかなあ。オペアンプもいいのがでているだろうから。
しかし、今聞いているスピーカーは、パソコン用のやつだ。オウルテックのこれももう7年位は使っている。PCの音などでは全然問題ないのだが、いざ、LPを鳴らすとどうも音が今一。やはりPCにつなぐスピーカもボーズとか、ある程度は良いものを使わないと。

外付けHDDの改造

バックアップ用として、外付けUSB HDDを使っているのだが、このIO-DATAのHDCS-U500、フォーマット時にHDDの温度が60度に達してしまった。データ移動時も58度!!。これでは、バックアップHDDの方が内臓 … “外付けHDDの改造” の続きを読む

バックアップ用として、外付けUSB HDDを使っているのだが、このIO-DATAのHDCS-U500、フォーマット時にHDDの温度が60度に達してしまった。データ移動時も58度!!。これでは、バックアップHDDの方が内臓HDDより壊れやすいではないか。内臓HDDは、ファン等をつけているので、高くて42~43度。そこで、使っていないHDDクーラーをつけることにした。
使ったHDDクーラー

外付けHDDは、中を開けるとこうなっている。もともとは、500GBのHDDがはまっていたが、2TBに換装している。電源アダプタからの電源プラグのささるところに、12Vの電源ラインがでているので、これを使うことにした。

あまっていたPC電源用の増設ケーブルを使う

HDDクーラーをつけて、電源線も取り付け終了

これで、CrystalDiskInfoで温度を見てみると、34度くらいになった。

使用したHDDクーラ HDC-350B-BL(AINEX)

マザボ・CPUクーラーの換装

この前、入れ替えた、マザボとCPUだが、マザボはASUSのM4A785D-M PROだが、これはFDDのインターフェイスがなかったので、もしものとき、WindowsXPの再インストール時に問題が出そうだったので、換えた。 … “マザボ・CPUクーラーの換装” の続きを読む

この前、入れ替えた、マザボとCPUだが、マザボはASUSのM4A785D-M PROだが、これはFDDのインターフェイスがなかったので、もしものとき、WindowsXPの再インストール時に問題が出そうだったので、換えた。今度はGIGABYTEのGA MA785GM-US2Hだ。GIGABYTEは結構FDDインターフェイス付のマザボがある。ASUSはもうFDDのインターフェイスは無いのが多い。
そして、ついでに、この前から気になっていたCPUファンも入れ替えた。使ったのは、SCYTHEのMUGEN∞2 無限2 リビジョンB SCMG-2100だ。相当に大型だ。付属ファンは1300回転までしか上がらないので、これまた結構静音のようだ。
さっそくとりつけた。まず、マザボ付属のCPUファンのアダプタは取らないといけない。ねじをゆるめて取る。

つぎに冷却フィン側も、Intel、AMDの色々なソケットに対応できるので、アダプターが色々同梱されている。その中からAM3用のアダプタをつける。

そして、付属のマザボ裏側の押さえをつけて、ねじを表にとおし、冷却フィンを固定。このとき、ねじの締め具合を均一にしないと、CPU表面と冷却フィンとが、密着しないので注意が必要だ。

ケースに格納すると、結構場所を取る。サイドパネルが閉まるか心配だったが、ぎりぎりでなんとかいけた。

これで、さっそく起動して、ドライバのインストール。
肝心のCPUの温度だが、静音になりうるさくなくなった割りに、室温29度で、100%近いCPU負荷の状況でも58度~60度あたりだ。室温29度というと、人間も暑いので、扇風機を入れたところ、56度~58度程度になった。クーラーを入れれば、十分問題ないようだ。通常の使用では42度~45度程度だ。大きいだけでなく相当冷えるようだ。
ところで、ASUSはHDオーディオがVIAだったが、GIGABYTEはRealtekだ。こちらの方が音がいい。というか好みの音となった。PCに接続しているスピーカにもよるのだろうが、今回棚から牡丹餅だった。
使用した、CPUクーラー MUGEN∞2 無限2 リビジョンB SCMG-2100(SCYTHE )
使用した、マザー GA-MA785GM-US2H Rev.1.0(GIGABYTE)
使っているケース SCY-603-BK(SCYTHE )

2001: A SPACE ODYSSEY

2001年宇宙の旅を久しぶりに見たくなった。スタンリー・キューブリックの映画だ。DVDでも借りよう。最初の宇宙飛行の場面の特撮など、もう2001年はとっくに過ぎて、2010年にもなっているのに、まだ全然実現できてない。会 … “2001: A SPACE ODYSSEY” の続きを読む

2001年宇宙の旅を久しぶりに見たくなった。スタンリー・キューブリックの映画だ。DVDでも借りよう。最初の宇宙飛行の場面の特撮など、もう2001年はとっくに過ぎて、2010年にもなっているのに、まだ全然実現できてない。会社がパンナムというのもご愛嬌。計器盤表示なども、昔は、文字が大きくなったり小さくなったり、回転したり、フラッシュしたりと、なんか変などと思っていたが、どうも最近のWEBの画面でFLASH多用の様子は、まさにそのとおりだ。1968年に作られた時のスタッフは相当な先見の明がある。

フイルムスキャナ

今は、フイルムスキャンは、古ーいMinoltaのDimage Scan MultiⅡを使っている。35mmフイルムは2600dpi程度でスキャンできるのだが、ブローニが1200dpiに落ちてしまう。ほぼ10年前のもので、 … “フイルムスキャナ” の続きを読む

今は、フイルムスキャンは、古ーいMinoltaのDimage Scan MultiⅡを使っている。35mmフイルムは2600dpi程度でスキャンできるのだが、ブローニが1200dpiに落ちてしまう。ほぼ10年前のもので、たしか20万ほどする高級機だが、まあ時代の流れには逆らえない。機能的にも今いち。動作はいまも問題ないのだが、やはり35mmフイルムや特に古いブローニフイルムをデジタル化したいので、よければ高解像度で取り込みたい。そのうち良いものが出るだろうと思っていたが、ここここに来て、特にCanonなどだんだんフイルム用のスキャナが縮小してきているようなので、そろそろと思い検討を始めた。フイルム専用機より、フラットヘッドの方が安くこちらにするかなあ。一番の候補はGT-X820。GT-X970もいいが、ここまでは、いらないかなあ。性能はいいのは分かるが。それほど使う頻度がナア。

カートリッジ

いやあ、押入れを色々探していたら、懐かしいカートリッジが色々出てきた。 MM型やMC型、まあ、色々買ってレコードをきいていたっけ。 出てきたカートリッジ ■EMPIRE 4000D/Ⅲ これは、SHUREのV15type … “カートリッジ” の続きを読む

いやあ、押入れを色々探していたら、懐かしいカートリッジが色々出てきた。
MM型やMC型、まあ、色々買ってレコードをきいていたっけ。
出てきたカートリッジ

■EMPIRE 4000D/Ⅲ

これは、SHUREのV15typeⅢよりも高かったかな。V15がおおらかで、なめらかなのに対して、EMPIREは緻密で繊細な音だったような。当時MC並みの音などと言われていたなあ。

■SONY XL15

これは、たしかSONYのターンテーブルを買ったときについていたもののような。結構音は良かったような記憶が...。丈夫そうなので、いまならDJにバッチリなのでは。

■audio-technica AT3S

こんなのがあったとは、驚いた。どうして手に入れたのか、まったく記憶が無い。これはオーディオ・テクニカが日本で初めて超軽針圧で開発したモデルだ。0.5gからトレースを始めるとかすごい宣伝文句だったなあ。これも、鳴らしてみて音を確認してみたい。

■YAMAHA MC-5

これは、ヤマハのMCカートリッジだ。たしかヤマハのアンプを買ったとき音を併せるために買ったような記憶が...。
MCなので、針交換がなあ。聞いてみる価値はあるかなあ。

■DENON DL-301

局用標準機だったDL-103の民生用版だ。DL-103にあこがれていて、家庭用に汎用性すぐれていたので、買ったんだなあ。今、ターンテーブルについているDL-311にするまで、結構使ったなあ。針はもうだめかもなあ。

■audio-technica AT32EⅡ

これは、オーディオ・テクニカのMCカートリッジ。余り使っていない記憶が。たしか、出力電圧が結構低いので、音がこじんまりしていて、余り使わなかったような。これが余りよくなかったので、DENONに流れていったような。
勢ぞろい

結構、色々あって楽しめそうだ。このほかにもなにやら分からないものが2個ほどあった。早くEQアンプを復活させなくては。
どれか、復活させて、レコードを聴いてみよう。

オーディオ

今、CDやDVDなどは、全部パソコンで見たり聞いたりしている。PCで音を出す部分は、さすがにSPをつないでいる。 今使用してるSPはOWLTECH OWL-SP266(B)。これも相当古い。2002年頃に買ったような記憶 … “オーディオ” の続きを読む

今、CDやDVDなどは、全部パソコンで見たり聞いたりしている。PCで音を出す部分は、さすがにSPをつないでいる。
今使用してるSPはOWLTECH OWL-SP266(B)。これも相当古い。2002年頃に買ったような記憶がある。安かった割りに大変音がいい。そのうちBOSEあたりと換えようかと思いつつそのまま。JBLの4312ABKもあるのだが、パソコンの横にデーンと置くのもなんだが不釣合いなので、部屋の隅で埃をかぶってしまっている。

その他に、自作金田式AB級アンプ、自作フォノイコライザー、プレーヤーPIONEERのPL-50L、CDプレーヤー、SONYの777ESJ、カセットデッキ、SONYのTC-K555ESR、などがある。

押入れの中には、サンパチツートラの10号リールが眠っている。オープンリールのテープデッキはとうの昔に処分してしまった。
DENONのDH-610Sだったなあ。処分しなきゃよかったなあ。