梅雨の晴れ間

だんだん梅雨が本格化して、雨が降るようになったが。今年の梅雨は、雨が降ったかと思うとパーッと日が照ったりもする。 そんな梅雨の晴れ間のスナップ 障子にのぞく梅雨の晴れ間 苔も生えてじめじめ 梅雨の晴れ間の木漏れ日 梅雨の … “梅雨の晴れ間” の続きを読む

だんだん梅雨が本格化して、雨が降るようになったが。今年の梅雨は、雨が降ったかと思うとパーッと日が照ったりもする。
そんな梅雨の晴れ間のスナップ
障子にのぞく梅雨の晴れ間

苔も生えてじめじめ

梅雨の晴れ間の木漏れ日

梅雨の晴れ間に干した布団がまぶしい。

曇空をバックにつばめの夫婦

夕方の太陽

夕方になって、赤くなってきた太陽を撮ってみた。ND8フィルターを3枚重ねて、F22で1/500秒のシャッターでちょうどいい光量だ。 うすく雲がかけてきている。また明日からしばらくは雨模様なようで、太陽とはしばらくはばいば … “夕方の太陽” の続きを読む

夕方になって、赤くなってきた太陽を撮ってみた。ND8フィルターを3枚重ねて、F22で1/500秒のシャッターでちょうどいい光量だ。

うすく雲がかけてきている。また明日からしばらくは雨模様なようで、太陽とはしばらくはばいばいかな。
7月22日は晴れればいいなあ。まあ快晴でなくても、うす雲がかかる位でもいいから、太陽が顔を見せてくれればいいなあ。うす雲くらいなら、ND8フィルターの枚数調節で対応できそうだ。天気ばかりは仕方がないので神に祈るしかないなあ。

日食撮影の準備

2009年7月22日の部分日食に向け、太陽撮影用のNDフィルターを買い込んだ。当日の天気が快晴ならよいが。うす曇りだったりしたら露出がころころ変わりそうだったので、ND8フィルターを5個買い込んだ。そしてさっそくテストし … “日食撮影の準備” の続きを読む

2009年7月22日の部分日食に向け、太陽撮影用のNDフィルターを買い込んだ。当日の天気が快晴ならよいが。うす曇りだったりしたら露出がころころ変わりそうだったので、ND8フィルターを5個買い込んだ。そしてさっそくテストしてみた。
本日は晴れというか若干雲がかけているので、ND8X4個で、F32の1/800で撮影してちょうどいい感じ。光量はいいが、手もちの100-300mmレンズに2Xのテレコンをつけ、600mmで、APS-Cサイズのα300なので、900mm相当となっている。無限遠の微妙なピントがうまくあわせにくい。本番までには、このビミョーなピント合わせをなんとか考えなくていは。
本物のVixenのR130天体望遠鏡もあるが、太陽光線がじかにαのセンサーに来るので、ちょっと心配。望遠鏡用の太陽光減光フィルターも品切れなので、Minoltaの望遠レンズとNDフィルターの組み合わせにしてみた。

テスト撮影画像

しかし、最近の太陽は、活動が弱まっているせいで、黒点もなくのっぺりしていて面白くないなあ。
皆既の時も見えるコロナはあまり広がってはいないだろうか。
まああと1か月はあるのでゆっくり準備しよう。
当日晴れればいいが。どうも梅雨の末期の大雨でも降るようないやな予感もする。
本当は、悪石島か、奄美大島の北端にでも行きたかったが、残念ながら暇と金と体力がなかった。次回国内で見れる皆既日食は2035年9月2日!!。微妙な日付。また次回皆既日食の見えるところは、2010年7月11日。場所は、クック諸島からイースター島にかけての南太平洋上。楽園で見える皆既日食と最高なようだが、現地に泊まれるところとかあるかとか、そもそも遠いので行けるかどうかもよくわからない。
今回のこちらでの日食のデータ
2009年7月22日 2009年7月22日(水)
時刻(ET)  日本時   高度 方位 天頂方向角
欠け始め  0:37:55  9:37:55  51.2 98.3 346.2
食の最大  1:57:5  10:57:5   67.1 117.8 255.4
欠け終り  3:19:30  12:19:30  77.4 175.8 125.8

■以前撮った彗星の写真(ヘールボップ彗星)はこちら(https://ekbt.work/kawa/photo/comhb.html)

すずめの近況 - sparrow mom

ふたたびスズメの近況。だいぶヒナが育っているようだ。親鳥より大きいくらいになっても、羽をばたばたさせて、まだ親鳥に餌をねだっている。こまったものだなあ。なにか人間世界とよく似ているなあ。 A sparrow mom is … “すずめの近況 - sparrow mom” の続きを読む

ふたたびスズメの近況。だいぶヒナが育っているようだ。親鳥より大きいくらいになっても、羽をばたばたさせて、まだ親鳥に餌をねだっている。こまったものだなあ。なにか人間世界とよく似ているなあ。
A sparrow mom is feeding her baby. Her baby chick is almost bigger than mom now.

ISOファイルのDVD化

ISOファイルをダウンしたら、それをCDかDVDに焼くのだが、Nero7でどうすればいいか。 まず、Neroのメイン画面で、「バックアップ」から、「イメージをディスクに書き込み」を選択。 「開く」ダイアログが表示されるの … “ISOファイルのDVD化” の続きを読む

ISOファイルをダウンしたら、それをCDかDVDに焼くのだが、Nero7でどうすればいいか。
まず、Neroのメイン画面で、「バックアップ」から、「イメージをディスクに書き込み」を選択。

「開く」ダイアログが表示されるので、ISOイメージを保存した場所を指定。

すると、最終書き込みの設定になる。書き込み速度や枚数、などを設定し、良ければ、右下の「書き込み」ボタンをクリック。

書き込みが始まる。書き込みが終わるまでしばらく待つ。

新旧レンズの解像度比較

Tamronの17-50mmと以前から使っているMinoltaの24-85mm、さらにMinoltaの35-70mmと、解像度はどのくらい違うのか。そもそも、フイルム用のレンズが、デジカメ用としてどの程度の解像度を持つも … “新旧レンズの解像度比較” の続きを読む

Tamronの17-50mmと以前から使っているMinoltaの24-85mm、さらにMinoltaの35-70mmと、解像度はどのくらい違うのか。そもそも、フイルム用のレンズが、デジカメ用としてどの程度の解像度を持つものか調べてみた。
35-70mmF4 1985年α7000と一緒に発売されたαレンズ最初のレンズ群の中のひとつ。

24-85mmF3.5-4.5 1993年α707siと一緒に発売されたαレンズ。ついこないだまで、α300で常用レンズとして使っていた。

結果は驚くべきものだった。Tamronがいいのは当たり前だが、予想に反して24-85mmの解像度は悪く、すこし青味がかった感じの色バランズ作りのようだ。そして、35-70mmレンズが24年前のレンズとは思えないほど解像度が良く、色バランスもTamronに近くいい感じだ。やはり24-85mmは当時としては24mmから使える初の標準ズームということで、レンズの枚数も多くなり設計に無理があり、解像度を犠牲にしていたのかも知れない。しかし、フイルムで撮っているときはそういう感じは全然せずいいレンズだと思っていたし、つい最近までデジカメα300で使ってそう悪いレンズとは思えなかった。不思議なものだ。やはりセンサーが完全に平面であるのに対して、フイルムでは、カラーの場合幾重にも層化した各色の感光層の重なり具合で初めて画像が形成されるという、縦と横のちがいがレンズの光学性能に差を出させるのだろう。とは言っても、RAW画像で差が分かるが、JPEG画像に落とすとそうはっきり差が出るわけでもないので、24-85がだめレンズというわけでもないが。
テスト撮影画像、35-70の広角側に合わせるため全部35mm近辺で撮影している。また、RAWですべて撮影、PC取り込み後のノイズやシャープの補正はない状態。
Tamron17-50mmF2.8
全体

中心部の解像度(100%)

minolta24-85mmF3.5-4.5
全体-Tamronと比べると青味がかっている

中心部の解像度(100%)

minolta35-70mmF4
全体-Tamronよりは赤みが薄い色作り

中心部の解像度(100%)

ううむ35-70mmは銘レンズだな。Tamronが17-50mmと若干望遠側が不足気味なので、それの繋ぎで、70mmまでいけるので、鉄道撮影などでは重宝しそうなので、また第一線に復帰させた。24-85はしばらくはお倉入りだな。
参考、発売当時の35-70やα7000、その他同時に発売された初代αレンズのカタログ画像

この時代のレンズは状態が良ければ結構お買い得かもしれない。今回の実験でデジタル対応でないと良い画質が得られないというのはSONYのαに関しては当てはまらないようだ。他社の場合は、センサーの構造やローパスフィルタの構造、画像処理の方法などが違うのでどうかは分からないが....。

タイムトンネル

懐かしいドラマタイムトンネル。見たくなって探したらあった。 DVDとかで出てないかとも思ったが。 当時録画したものしかないのだろう。残念。 【ニコニコ動画】タイムトンネル 第24話(米国では27話)「魔術師マーリン」

懐かしいドラマタイムトンネル。見たくなって探したらあった。
DVDとかで出てないかとも思ったが。
当時録画したものしかないのだろう。残念。
【ニコニコ動画】タイムトンネル 第24話(米国では27話)「魔術師マーリン」

ISO感度によるノイズ

今までα300では、ISOはフイルム時代の感触で、晴れている野外は100とか室内は400とか決めていたが、そもそもどのくらいノイズの影響がでるのか調べてみた。 \r\nちなみに、カメラ側のノイズリダクションは、高感度・長 … “ISO感度によるノイズ” の続きを読む

今までα300では、ISOはフイルム時代の感触で、晴れている野外は100とか室内は400とか決めていたが、そもそもどのくらいノイズの影響がでるのか調べてみた。
\r\nちなみに、カメラ側のノイズリダクションは、高感度・長秒時ともオンにしている。また、ちょっと暗めの若干の露出不足にして、ノイズが目立ちやすい画像としてみた。Image Converter SRでノイズリダクションをかけ、どの程度ノイズを目立たなくできるかもやってみた。どれも使用レンズはTAMRON17-50mmF2.8。
ISO100基本感度

ISO100中心部100% 室内で手持ちで撮ったので、若干カメラぶれがある。

Image Converter SRでの設定
シャープネス設定
適用量 60
オーバーシュート 60
アンダーシュート 60
しきい値 -60
ノイズリダクション
オート

ISO200

ISO200中心部100% 100とほとんど変わりない。若干ノイズが出てくる感じだ。手ぶれも気にならないので、100より200を常用すると、手ぶれでボケるより、ノイズでのボケが小さいので有利かも。Nikonのデジ1眼は200が基本になているのもうなずける。

Image Converter SRでの設定
シャープネス設定
適用量 50
オーバーシュート 50
アンダーシュート 50
しきい値 -50
ノイズリダクション
オート

ISO400

ISO400中心部100% 200よりさらにノイズが増える。今まで100と400を切り替えて使っていたが、400でも、ノイズリダクションの設定で結構救えるようだ。

Image Converter SRでの設定
シャープネス設定
適用量 20
オーバーシュート 20
アンダーシュート 20
しきい値 -20
ノイズリダクション
適用量 60
カラー 60
nエッジ 50

ISO800 RAW画像は結構ノイズがのっているのが分かる。

ISO800中心部100% 400に比べるとノイズリダクションでなんとかのレベルまではもっていけるが、やはりカラーノイズが結構でてしまい、影の部分では、エッジノイズとカラーノイズがひどく、これをノイズリダクションで何とかしようとすると、画質が低下してしまうようだ。しかし、全体でみるとそう気になるほどではないところまではノイズリダクションで補正できるようだ。

Image Converter SRでの設定
シャープネス設定
適用量 20
オーバーシュート 20
アンダーシュート 20
しきい値 -20
ノイズリダクション
適用量 65
カラー 70
エッジ 50

ISO1600 RAW画像はとてもノイズがのっている。でなんとかノイズリダクションで救おうと努力したがだめで、カラーノイズがどうしても出てしまい、画質が低下する。全体画像でも画質の低下が分かる。

ISO1600 中心部100%

Image Converter SRでの設定
色々やったがどうしようもない。800と同じような設定でそれが限界。やはり1600は緊急時に使用するものという考えの方がいいようだ。暗い場面でどうしても自然光のみで撮りたい場合や、天体写真などに使用するように考えたがいいようだ。
以上を踏まえISO400での夜間撮影。シャッタースピード1/20、絞りF2.8開放。こういう場面では、F2.8の威力で、少しでもISO感度を下げられ、画質を落とさず撮れるはありがたい。

TAMRON 17-50 F2.8 つづき

広角側で像が流れると書いたが、なんか悪いレンズのように思えるといけないので、その部分を切りだしてみた。言われてみれば流れているかなという感じで、きをつけなけば分からない程度。100%で切り出したが、切り出し画像ををJPE … “TAMRON 17-50 F2.8 つづき” の続きを読む

広角側で像が流れると書いたが、なんか悪いレンズのように思えるといけないので、その部分を切りだしてみた。言われてみれば流れているかなという感じで、きをつけなけば分からない程度。100%で切り出したが、切り出し画像ををJPEGで保存したら、分からなくなった。α300は1000万画素なので、通常JPEG圧縮で使っている人は分からない範囲ということになる。α900など2000万画素クラスだと結構わかるのかも知れない。ということで、ほとんど完璧な像を作り出す大変コストパフォーマンスの高いレンズだ。
広角17mm右上隅

広角17mm中心部

標準域(35mm)右隅下

望遠50mm中心部