続ーアキレス腱

アキレス腱を伸ばしたような痛みが出ていたが、昨日あたりよくなってきていた。シップなどを貼っていたので良くなって来たと思っていたのだが、今日になってまた痛くなってきた。それも痛風のつま先の痛みと同じ痛みだ。結局のところ、アキレス腱まで痛風の痛みがあがってきているのだろうか。最近ひざも痛くなってきて、立ったり座ったりも結構おっくうになってきた。

Nikonの新しい一眼デジカメ

巷では、Canonの5Dの後継機フルサイズの物が出るとうわさだったが、残念ながら50Dだった。APS-Cサイズだ。結構落胆している人も多いのではと思うが、しかし、なんといきなりNikonからD90という新型が出た。型番からD80の後継機というのはわかるのだが、ただの後継機ではなかった。もちろん上級機D300の基本機能を引き継ぎ、連写スピードは4.5コマと十分、さらに、本格的な一眼レフデジカメでは始めてムービー撮影を可能としたのだ。それもHD画質(1280X720p)フルスペックではないものの、一般地デジ・BS放送と同等の画質だ。YouTubeなどの動画投稿などには十分だ。まあ、そういうことなら、デジカメとビデオカメラ二つ持っていればいいじゃないかという話だが、あんまりゴジャゴジャ持って歩くのもいやだし....。
 いままで、現有DMC-FZ30を使っていて、本格一眼レフデジカメが欲しいとは思っていたが、資金の面ともう一つ静止画を撮りつつ、気が向いたら動画も撮れるという面からFZ30もなかなか使い勝手が良く、本格一眼レフデジカメ購入に踏み切れない原因の一つだった。しかし、動画が出来るとなると、もう迷う原因の一つは消えたことになった。
 最近のNikonはD300に続きD700と来て、本当に欲しいと思うカメラが久しぶりに出してきてくれているようだ。こんな感じになったのはF4を購入したとき以来の感じで、Nikonも結構頑張っているのがわかる。発売は2008年9月19日とのことで、まだ、実際に手に入るには時間がかかるようだ。
価格は発売自体がまだなので、分からないが10万前後のようだ。

Dimege Scan Multi Ⅱ

アキレス腱まで痛くなって、しばらくは撮影など行けそうもないので、これを機に昔から撮りためたフイルムをスキャンしてデジタル化していこうと、古いスキャナーを最新Windows Vistaパソコンにつないで、ドライバを入れようとしたら、出来なかった。どうもスキャナーが古くて、ソフトも古いので、対応していないようだった。仕方が無いので、WindowsXPの出番となってしまった。
ちなみにスキャナーは、MINOLTAのDimege Scan Multi Ⅱ2000年12月購入の品物。亡き友人が使っていて、僕にくれた。もらったのは2002年ころだったか。当時結構高かったのでは....。今やMINOLTAのサポートも無くなったみたい。
サポートのページでは、XPまでの説明しかない。正式に対応しないと断り書きがあるので、しかたのないところか。Vistaまで位対応して欲しかったなあ。

こんどはアキレス腱

痛風とはちがうと思うのだが、昨日午後からアキレス腱が痛くなって歩けなくなってしまった。一応曲がるので切れてはいないようだ。痛風で足が痛いので、無理な体勢で立ち上がったりしていて、腱を伸ばしてしまったのだろうか。またまた困ってしまった。

ドアリモコンの電池交換

ノアのドアロックを開けたり閉めたりするリモコンがキーについているのだが、最近どうもボタンを押してもうまくロックが解除できなかったりロックできなかったりしていた。車体のそばやウインドウ付近でもダメで、時々リモコンを使わず、キー差し込んで空け閉めしたりしなくてはいけなくなってきた。前にも一度交換したが、また、この電池を交換してみた。
CR1216という小さい電池が入っている。

近所のMr.MAXで買ってきて入れ替えた。すると、またもとと同じくらいの感度になったようだ。だいたい1~2m位の距離からリモコンが利くようになった。

引き続き温泉

近所のつるの湯に行った。前に書いた最近出来た温泉だ。日曜ということもあるのか、大変多かった。しかしここは寝湯があるので、丁度良い体勢がとれる。

温泉

久しぶりにとよみず温泉に行った。今週は、どうも夏の疲れがでた。少しは良くなってきたので、温泉治療にでかけた。足は温めないで首は温めるというちょっとアクロバティックな格好で温泉に入った。

サーバを作ろう-その1.ハードの選択と準備

OSのインストールや設定は結構解説しているHPもあるが、ハードから書いている所は少ないので、まず、ハードの選択や準備から書いて行きます。

1.ハードは中古を使うか新品か?  - 中古を使う時の注意
 ちょっとサーバを試験的に立てて色々実験をするということで、予算もないと言う時は中古でも良いと思います。ただ、最新のOSはLinuxといえども余りにも古いとインストールできません。大体2000年以降の発売のパソコンが目安でしょう。CPUも500MHz以上、メモリーも256MB以上が必要です。良ければ、CPU1GHz、メモリー512MB位は欲しいものです。そういうパソコンが余っていればそれを使うと良いでしょう。
 ただ、曲がりなりにもサーバとして24時間連続稼動させたいのであれば、中古はちょっと問題があります。まずパソコンの寿命は3-5年と言われています。とすると、2001年製の中古パソコンはもうすでに寿命です。いつ壊れてもおかしくない状態です。もしそうゆうものをサーバにしたい。これしかないと言う時には、しかたないので、色々と改造を加えて、耐久性を増して、もう2-3年は動いてもらえるようにします。そのときの注意点や改造点は....

・スリムタイプパソコンは避ける・・・
 なぜ避けるかというと、最近のスリムタイプは、熱の問題も結構考えて設計してありますが、昔のスリムタイプパソコンは、熱対策が万全とはいえません。そのようなパソコンをオフィスで夏の暑い盛りも使っていたような代物なら、CPUやHDDなどが熱の影響によって、結構老化している可能性が高いです。ですので、避けたほうがいいです。現状動いていても、半年後とかに急に止まる可能性が高いです。

・よければHDDは新品に交換する・・・・
 HDDは一番壊れやすい部品ですので、良ければ交換します。昔のパソコンでは現在の大容量のHDDが認識できないものもあります。そういう時は、SATAの拡張カードなどを使い最新のHDDも搭載できるように改造っするとよいです。

・ファンを追加する・・・・
CPUやHDDを冷却するファンを追加します。昔のパソコンはそれほど熱対策を行っていないものも多いので、CPUやHDDを冷却するファンを追加します。また、HDDの場合は、5インチベイにHDDを増設できファンもついているものがあるのでこれを使うとよいです。

2.新品サーバ
 新品サーバといわれるものをちょっと調べてみると、結構高いです。10~20万くらいからといった感じでしょうか。なぜサーバは高いのでしょうか。それは24時間稼動させ、負荷をかけて動作させても、3~5年はノンストップで動き続けるという性能を発揮させるため、色々と工夫がしてあるからです。前にも書きましたが、パソコンで一番壊れやすいのはHDDです。その次が電源、その次がマザーボードの各ICやCPUといったところです。ですので、これに対する対応策を講じる必要があります。HDDに対してはRAID機能を組み込んだり、電源は2つの電源をつけたりします。これをどこまでやっているかで、値段の高い低いが決まっています。そのさえたる物がブレードサーバです。ブレードサーバは、1台・1台がいわばパソコンで、たとえば2台で同じ動作をさせておけば、1台が故障しても、もう1台が生きていますので全体としては問題なく動作します。壊れたものは、早々交換すれば、またもとのように動作を続けます。究極のノンストップです。現在では複数台のブレードサーバを仮想化OSによって、1台の大きなサーバとして使うのがはやっています。ですが、このような物は大変高額で、メインフレームのリプレースなどに使われるのが主です。
 では、なんとか安いサーバはないのか、やはり新品サーバは高いのか、安いパソコンで代用したほうが5~6万で出来ていいのでは、はたまた、やはり新品は高いから中古の部品を集めて数万円で作ったほうがいいではないか、という話になるのですが、ちょっと前から激安新品・アウトレットサーバが各社から出されています。安いので最低限のHDDのRAIDもついていないくらいなのですが、少なくとも放熱の良いケース、ある程度耐久性のあるICや実績のあるマザーなどを使用しており、そのままもしくは、それプラスちょっとした追加、さらには運用時の工夫で立派にサーバとして使えるものもがあります。しかも価格は3万円台も、さらには時期によっては、2万を切るキャンペーン品・アウトレット品も出ます。その代表例としては、ちょっとケースが今一なNECや結構力が入っているDELL。その他HPも結構安い。富士通もあります。
ただ、余りにも安さを追求すると、結局トラブルが起こる可能性が高まり、数年後にトラブルで苦労する確率が高まることをお忘れなく....。

3.自作でサーバを用意
 自作でサーバを作ろうとしたとき悩むのが部品の選択です。ただ、安さを追求するため自作するのでは、余り意味がないと思います。というのも、上記新品サーバの最安価格と同等なくらいは、価格的にかかってしまうからです。たとえば....。

CPU   Core2Duo クラスの最安  6,000円
マザー  最安MATX           6,000円
メモリ   1GB               2,000円
HDD   160GB             4,000円
ケース                     4,000円

もうこれで、2万2千円です。これなら、もうメーカ製新品サーバの最安のものを買ったほうが良いのです。保障もつきますし。自作の場合トラブル時自分で対応しなくてはいけません(当たり前か)

 では、自作でサーバを作るときのメリットとは、壊れにくい部品を組み合わせ、ある程度の金をかけて作る時に出てきます。その時の部品を選ぶには、

CPU・・・これは、メーカは現状2社しかなく、さらに高温にしなければ、ほとんど半永久的に使えますので、扱うデータ量でCPUを選ぶといいでしょう。また、純正クーラーより、冷却能力の優れたCPUファンに入れ替えると良いです。

マザー・・・物の本を見て鉄板マザーといわれる物を使うと良い。また、サーバの場合グラフィック機能は必要ないので、オンボードで高級なグラフィック機能はなくてもよい。マイクロATXなども選択肢に入れてOK。マザーは有名所の物を使えば5-7年は持つようだ。ただし、チップセットなどCPU周辺ICが高温になるようだったら、そのICにヒートシンクをつけるなど改良するとなお良い。

メモリー・・・ノーブランドのなかには、数ヶ月でダメになるものもあるので、なるべくブランド品にする。高温になるようだったら、メモリークーラーを付ける。

HDD・・・HDDはそもそも壊れるものなので、RAIDその他の対応策をとっておく。RAIDの場合、HDDが飛んだら、HDDのみの交換でなく、RAIDカードも交換すると良い。というのは、RAIDカードそのものも壊れる可能性があり、RAIDカードが壊れると、データが破壊され最悪の状態となる。サーバで一番高価な部分は部品でなくHDD上のデータだ。これが消えてしまっては大損害である。他の部分がいくら生きていても意味はない。そういうことを頭に置きつつ部品を選択すれば良いと思う。

ケース・電源・・・ケースは安いものもあるが、ケースについてる電源はさらに安いこととなる。電源にはお金をかけよう。電源が壊れると派手だ。バンと音がして煙がもくもくと出たりする(電源内の大容量コンデンサーが飛んだ場合)よければ5,000円以上のなの通ったものにするといい。
ケースは、ラックマウントタイプはあまり手に入りなさそうだが、価格は高いもののラックマウントケースというのはないこともない。産業用と言われる分野のものだ。同じくマザーも産業用の高耐久のものがある。これで組めば価格は少し張るが、耐久性は抜群。
– jp.misumi-ec.com/ec/ItemDetail/10400083520.html ラックマウントケース ミスミの例
– buy.advantech.co.jp/Computer-Chassis/19-Rackmount/model-ACP-4000MB-30ZE.htm ラックマウントケース アドバンテックの例
– www.contec.co.jp/product/computer/index.html ラックマウントケース コンテックの例

とにかく、ケースは価格が高い安いにかかわらず、デザインより、冷却ファンの多さ、冷却効率の高さなどを重視して選べば良いと思います。また、冷却が心配な場合、ファンの追加・各種冷却グッズの追加など行えば良いでしょう。

つづく....

五高記念館

住んでいると、意外と行かないのが、近所の観光スポット。お客を案内したついでに写真も撮りました。
まずは、第五高等学校跡。熊本に明治時代に出来た高等学校(今の大学)小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)や、夏目漱石も教壇に立った。

赤レンガの建物がとても綺麗

古い建物。でも現代の建築より温かみがあって、なぜか落ち着くものだ。