デジカメレンズ考 その2

今使用しているデジカメLumixのDMC FZ30だが、やはり鳥の撮影にはいくら400mm相当のズームといえども、足りないものを感じていたが、よーく考えたらテレコンバージョンレンズをつければいいのだ。早速、Panasonicのサイトで純正品を探したら、どうも製造中止らしく品切れとなっていた。
一時は、こういったテレコンバージョンレンズは色々でていたような気もするが....。
ううむと考えつつ、αのレンズでも見ようとSONYのサイトを見ていた、ビデオカメラ用のテレコンバータが目に付いた。これはよい。
ソニー VCL-HG1758
純正品よりちょっと高いが、ステップアップリングを使えば、はまりそうな具合だ。まずは、αのデジカメが買えて、さらに超望遠レンズも買えるまでは、とりあえず、このテレコンでやってみるというのもいい考えかもしれない。
その他、KENKOのものもある。こちらは安い。といっても、純正品と同じくらい。
KENKOの物は、52mmなので、ステップダウンリングかなにはでつけないといけないか。

デジカメレンズ考 その1

この前、かわせみを撮りにいったのだが、他のお方のデジカメの構成を見てふと思ったことがある。それは、超望遠レンズの色だ。ご存知のように、Canonは白系でまとめている、一方Nikonは黒、Sonyαはミノルタ時代からの伝統で、白。なんか白の方がかっこいいような気がする。レフレクスの500mmは例外で黒いが。
ソニー レフレックスレンズ(500mmF8Reflex)SAL500F80
ソニー ズームレンズ(70-200mmF2.8G) SAL70200G
ソニー 単焦点レンズ(300mmF2.8G)SAL300F28G
焦点距離は今一。しかしFが明るいので、テレコンバータと組み合わせて使えば結構他社の超望遠に対抗できそうだ。
ソニー テレコンバーター(2XTeleconverter) SAL20TC
ソニー テレコンバーター(1.4XTeleconverter) SAL14TC

PC復活

このまえ、壊れたパソコン、部品が揃ったので、交換作業を行った。
まずは、CPUとメモリーを装着。

マザーは、ASUS M2A-VM HDMI
姉妹品で、HDMIインターフェイスのつかないM2A-VMもある。

CPUはAthlon 64 X2 Dual-Core 4800+ SocketAM2 BOX (65nm)
主なスペックは、
・ソケット形状 :SocketAM2[940pin]
・動作クロック:2.5GHz
・2次キャッシュ:512KB ×2
・HyperTransport 2.0 2000MT/s
・CPUコア:Brisbane , Extended 3DNow ,SSE3 ,AMD64 ,Cool’n’Quiet ,NX-Bit ,AMD Virtualization
・CPUファン:Active HeatSink
・TDP:65W
・Voltage:1.325/1.35/1.375V
■Athlon 64 X2 Dual-Core 4800+ SocketAM2 BOX (65nm)

手持ちの80GBのSATAのHDDが2個あったので、これをぶち込んで、RAID0のストライピングで組んでみた。CPUが予算の都合で一世代前の遅めの廉価CPUにしたので、HDDの方で速度を稼ごうという算段だ。RAIDといっても、これでは安全性は向上しないので、バックアップをこまめにとらなくては。
使用したHDDは、
HGST [日立グローバルストレージ] の HDS721680PLA380 (80G SATAII300 7200)
主なスペック
Size: 3.5 inches
Capacities: 80 GB
Speed: 7,200 RPM
Interfaces: SATA 3.0 Gb/s
Seek Time: 8.5 ms
■RAID0でHDDアクセスのスピードを稼ぐ

CPUが2つ見えるのには、感動的

で、無事に動きだしました。AMDのCPUでAMDのチップセット、画像は、AMD(ATI)のGPUで、予想どうりの発色。690Gなので、本当のHDTV画像の録再は無理かもしれないが、8~9Mbps程での録再は問題なくこなしている。再生画像もなめらかに再生する。865Gでは、再生でも結構コマ飛びがあったので、相当無理があったようだ。
その他、電源は、剛力の400Wに交換、メモリーは1Gを2枚挿してデュアルで動作。
OSは以前からのWindowsXPのまま、VISTAの動く環境は整ったが、VISTAは高い。今回修理に要した部品代と同じくらいの価格だ。まあそのうちに!?。

足の痛み

足の痛みがまた悪くなった。なにが原因だろうか。もう良くなってきていたので、無理して歩いて運動したのがいけなかったのだろうか。整形外科に行って、薬を出してもらった。

もうすぐ初夏

桜の季節以後、また八景水谷に行った。今回は、かわせみもあまり姿をみせてくれなかった。もうすぐ夏なので、子供達が水遊びに興じていた。初夏とはまだ言いがたいが、五月の連休前の夏を思わせる一日だった。
中央付近にかわせみがよくとまる小枝がある。

代替マザボ選び

壊れた、マザボの代替選びは、色々悩んだ挙句。最近、HDのキャプチャが実質的に解除になったようだし、その結果、各社から色々HD用のカードもでてきている。夏にはコピーテンも始まるので、この関連の製品がこなれて来るのは秋以降ではないかと判断した。なので、取り合えず690G採用のマザボで最低限のシステムにしておいて、あとは色々な製品の出次第で考えることとした。

破壊

なんと、普段使いのマシンが壊れてしまった。突然画面が映らなくなった。最初はCPUかと思い交換したが、だめだった。どうもチップセットがやられたようだ。使用しているチップセットは865G(古いなあ)で、マザーはBIOSTARのP4TSVだ。このグラフィック機能を使いHDなみの画面表示やキャプチャをやっていたので、やはり負荷が高かったのだろう。ゲームはグラフィックの負荷が高いので、壊れやすいのは知っていたが、最近のHDビデオ関連でも結構負荷が高いのだろう。とはいっても、4年ほど使用しているので、最初はサーバで使用し、ここ2年ほどがWindowsマシンとして使ってしたので、このような使い方で4年程度持ったのはまあまあ持った部類にはいるのかも。
さて、さて、やはり今まで採りためたMPEG動画を見たりやそもそも画面にTVを表示できないのもさみしいので、部品を交換しようと思っているのだが、最初同等の中古品でと思ったが、結構高値で(4000円超)で取引されている。中古なので、また高負荷で使って1年位で壊れる位ならHDTV画質にそもそも耐えうるマザーとCPUに交換したが良いのではと考えだした。今のところチップセットはAMDの690Gか780GのマザーとCPUはAthlon64X2の4800あたりで組み合わせるのを候補にしている。特に690Gで我慢すると、マザー・CPUとも7000円代で納まる。メモリは1800円位なので、中古でおそるおそる限界稼動させるよりもいい。ただ、ちょっと高くなるが780G対応のマザーなら、グラフィック機能がゲームにもOKなようなので、+3000円を出すかどうか悩むところ。

新しい温泉

8日に近所に温泉ができた。歩いても行ける近さだ。早速行ってみた。新しい温泉は気持ちが良い。しかも市内の温泉としては大変安い360円。植木の温泉は200円だが、行くまでにガソリン代がかかるし時間もかかるので、こちらが安あがりだ。さらに色々なお風呂がある。露天風呂や寝湯、檜風呂、洞窟風呂まである。
露天風呂は車の騒々しさがあって風流さには欠けるが。
朝6時から開いている。4時には全浴槽に新湯が入るそうだ。閉店は夜12時。

つるの湯

暖かすぎて

今日は、朝は結構寒かったが、昼は暑いくらいだった。いよいよ初夏の季節に入りつつあるのだろう。そのうち蒸し暑くなって夏が来る。今年の夏はどうだろうか。冷夏かな?。