TOP – ようこそEKBTへ

ようこそEKBTへ

主にパソコンのハード関連、PCオーディオ関連、WindowsやMac、Linux(最近は主にUbuntu)などのOSやアプリ(python)などについて書いています。また画像や動画も載せています。最近はオーディオ関連が多いです。PC用スピーカ制作も始めました。

–最近の記事–

 

-広告-

-広告- ekbt オリジナルグッズ販売

–今までのまとめ–

 

 

-広告- 


 

 

–昔最初に作成していたHP–

昔最初に作成していたHPです。

 

–EKBTについて–

EKBTについて

バスレフポートをフロントへ

バスレフポートのフロントへの移動

バスレフポートは裏側に付けていたが、スピーカーの口径が小さいので、低音は圧倒的に音量不足になる。それを少しでも補おうと、裏側に設置していたバスレフポートを表側に移動した。

バッフル板に穴あけ加工

こういう時の為に、エンクロージャーは組立時木ねじのみで組み立てていたので、フロントバッフル板を外すのは簡単。スピーカーユニットもねじ止めなので、これも外して穴あけ加工。もう一度組み立てなおした。

穴あけ加工用図面

もとあった裏側のバスレフポートは最初ボール紙でふさいでいた。ボール紙が振動してパッシブラジエーターとして働くかなと思ってこうしてみた。

パッシブラジエーターも装着

しかし、やはり本物のパッシブラジエーターを付けた。やはりこちらの方が効果がはっきりわかる。

急いでボール紙をはがしたので、結構汚くなってしまった。そのうち磨くなりなんなり何とかしよう。塗装もまだなので、塗装時に綺麗にすればいいかなあ。

改造結果

まだまだエージング中だが、バスレフポートを前に持ってきて、裏側にはパッシブラジエーターを装着して、結構低域が補強されて、随分良くなった。以前は、どうも中高域がふらふらと広がっているだけみたいな感じだったが、低域が良くなったためか安定した音が出るようなった。普通のスピーカーの音になった。

エージングが進むとまた変わってくるかもしれない。しかし重低音はやはり無理で、20Hzは全然ダメ。コーン紙が震えているのは分かるが、圧倒的に口径が小さいので無理。30-40Hzあたりもダメだが、50Hz位からは段々聞こえ出し100Hz近辺は結構健闘している。パソコンの脇に置いて、youtubeなど動作再生での音などなら十分問題なく聞こえている感じだ。ハイレゾ音楽再生とかになると、やはり差が出る。比べる相手がJBLの4312とかなので、価格的のも圧倒的に不利なので当たり前だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FX-502JのOPAMP交換

交換について

この前から自作スピーカーのエージングに使っているアンプFX-502Jだが、エージング中にいじるのもどうかともおもったのだが、初段のOPアンプをテキサスのNE5532からかの有名なMUSES8920へ変えてみた。

交換前

テキサスインスツルメンツのNE5532がDクラスアンプTPA3116の前段についている。昔は、フォノアンプに使ったり、ヘッドフォンアンプに使ったりと、便利に使えるオペアンプだ。

日清紡マイクロデバイスのMUSES8920へ差替え。ソケットがついているので、抜き差しするだけ。

結果

結果はやはりMUSESの方が音がどっしりして、中高域につやがでて、低域の押出が良くなった。とはいえこれまたエージングが必要だろうけれども。自作スピーカもエージングが進んでいるが、どうも中高域にピリキリ感があった。これはケプラー素材のせいかと思っていたが、今回MUSESに変えたことでこれがなくなった。また小口径なので低音の伸びが悪いのだが、これは仕方がないと思っていたが、MUSESに変えたことで低音の伸びが少しは改善したようだった。これは良かった点。まだまだ両方ともエージング中なので、今後どうなるかまあ楽しみ。

MUSES8920について

MUSES8920は2回路入りJ-FET入力オペアンプで、多くのオーディオ機器への搭載と、多くのオーディオファンに”真実の音”を提供することを目的として開発された、MUSESシリーズのマスプロダクションモデル。これまでMUSESシリーズで求めてきた高音質を踏襲しながら、よりクリアで立体的なサウンド再現と高い生産性を両立させた。

 

今後の展開

FX-502Jもコンデンサーの交換など、いじりどころ満載。まあそのうちあちこちいじってみよう。もともと五千円台のアンプ、こうやっていじって行って、部品代がどんどん増え、そのうち1万~2万~∞万となってゆく。音がいい部品にするので仕方がないけれども。じゃあ最初から高いのを買えとの声も聞こえそう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 FX-AUDIO- FX-502J[シルバー] TPA3116搭載50W×2ch プリメインアンプ
価格:5,590円(税込、送料無料) (2024/3/22時点)

楽天で購入

 

 

#FX-502J #NE5532 #MUSES8920 #TPA3116

PC用スピーカー仮組完成

仮組完成

PC用スピーカー、仮組完成。
エンクロージャ組立は1個目は意外と良くできたが、2個目は上側に0.5mm位の凹凸が出来てしまった。2個目が手馴れて良くできるはずなのに...

エージング

只今PC用小型スピーカ。ノートPCにつないでエージング中。

最初の音出しでは、ぐしゃぐしゃな音。丁度昔のラジカセ風だった。しかし段々音がこなれてきて、結構中高域は透き通って来た。超低音はこの口径では無理で、テイクファイブのバスドラのズドンとずっしり来る感じや、吉田美奈子のトルネードの最初の50Hzの超低音はほとんどダメ。コーン紙は震えているのは分かるけれども。まあ仕方がない。スピーカ駆動は、FX-AUDIO- FX-502J[シルバー] TPA3116搭載50W×2ch プリメインアンプを使用。

図面

一応制作前に書いた図面はこちら。

 

使用した部材、スピーカユニット等

○スピーカーユニット

ケブラーコーン&布センターキャップ フルレンジスピーカーユニット3インチ(70mm) 4Ω/MAX50W

○エンクロージャー部材

NFJ謹製エンクロージャー自作キット[MODEL-CUBE]3~5インチ対応組立式スピーカーキット 日本製MDF採用

フルレンジスピーカーユニット3インチ(70mm)

—-広告—-

 

NFJ謹製エンクロージャー自作キット[MODEL-CUBE]3~5インチ対応組立式スピーカーキット 日本製MDF採用

—-広告—-

 

今後はどうするか

今後は塗装はどうするかとか、内部の配線材を変えてみるとか、吸音材の量、バスレフポート変更、スピーカユニットの交換(候補FOSTEX FF105等)など色々やってみよう。

塗装はJBLのスタジオモニター風に黒の艶消しにするかな。

駆動はFX-AUDIO- FX-502J[シルバー] TPA3116搭載50W×2chでこのまま続けよう。

—-広告—-

PC用のスピーカ制作

PC用のスピーカ設計

パソコン脇のスピーカもう少し良い音出来ないかと思い、PC用のスピーカのメーカー製でとYAMAHAやONKYO、ボーズなどで、探したりもしていたが、昔スピーカをFOSTEX FE103や、Coral BETA-8、DIATONE P-610などで、平面バッフルや箪笥ウーファーとか色々やっていたのを思いだした。
40年位前か。一番印象に残っているのは、DIATONE P-610の標準箱仕様だった。ダイアモンドの様なキラキラ輝くいい音していた。

そこで、スピーカーを作ってみることにした。とはいえ本格的に聞くときはJBLがあるので、それで聞くけれども、パソコンで色々やっているときPC脇でちょっと聞ける音をもっと良い音にしたいので、それほど大きくもなく、またあまり小さいのもどうかと思い、なんとか15-16cm位でとでと設計してみていた。

結局こういう形で決定

制作開始-穴あけ作業

エンクロージャーの部材が来たので、早速バッフル版の加工作業。
スピーカーユニット用バッフル板の穴開け加工。

スピーカーユニットのバッフル板へ取付

そして、スピーカーユニットをバッフル板へ取付作業。スピーカユニットの取付穴がへこんだ形になっているので、木片をかませて取付。

スピーカーユニットは、ケブラーコーン&布センターキャップ フルレンジスピーカーユニット3インチ(70mm) 4Ω/MAX50Wと結構凝った作りの物。

スピーカーユニットへの配線

スピーカーユニットへの配線完了。

バスレフポートは裏側に設置。

あとはスピーカボックスの組立。
接着剤を使うのが常道だけれども、バスレフポートのデザインやスピーカユニットの交換、スピーカ内の配線材の変更など後々色々いじってみたいので、最初は木ねじ仮留めで行う予定。

つづく